内科・血液内科 浜松市南区鼡野町にある 井原内科クリニック のホームページです
文字サイズを変更します テキストサイズ小 テキストサイズ中 テキストサイズ大

脂質異常症について

コレステロールは体の細胞やホルモンなどの材料となり生命の維持に必要な物質ですが、血液中のコレステロールが異常に多くなると動脈硬化を促進し体に様々な悪影響を及ぼします。
脂質異常症でいう「脂質」には、LDL(悪玉)コレステロールとHDL(善玉)コレステロール、それに中性脂肪があります。
以前「脂質異常症」は「高脂血症」と言われていました。動脈硬化起こしやすい病態として高脂血症が定義されていたのですが、LDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が高い場合だけではなく、HDL(善玉)コレステロールが低い場合にも動脈硬化を起こしやすいことがわかり、動脈硬化起こしやすい病態として「高脂血症」という言葉は適当ではないということになり、最近では「脂質異常症」という言葉が使われるようになりました。したがって「脂質異常症」にはLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が高い場合と、HDL(善玉)コレステロールが低い場合が含まれます。

お問い合わせは053-426-0003までお気軽にどうぞ 診療のご案内 診療のご案内