内科・血液内科 浜松市南区鼡野町にある 井原内科クリニック のホームページです
文字サイズを変更します テキストサイズ小 テキストサイズ中 テキストサイズ大

生活習慣病について

いわゆる生活習慣病の代表は糖尿病(2型)、脂質異常症、高血圧症などです。その他にもいろいろな病気が生活習慣病と言われていますが、これらは以前は「成人病」とよばれていました。加齢にともなって発症することが多い病気と考えられていたからですが、現在では加齢よりも、食生活、運動不足、喫煙などの誤った日常生活習慣が原因として重要であることがわかってきたことから生活習慣病と呼ばれるようになりました。元々日本人はよく歩き、塩分を摂りすぎることを除けば食生活も比較的健全でした(というよりは質素でした)ので、高血圧以外の疾患はあまり多くみられなかったものですが、現代人の運動不足、食生活の欧米化等にともない最近急速に増加してきていると言われています。これらは「生活習慣病」という定義にあるとおり、生活習慣を是正すること(これが難しいところですが)で発症を予防したり、悪化を防ぐことがある程度可能と言われています。
では、代表的な生活習慣病についてご説明しましょう。

それぞれの病気に対する治療はもちろん必要ですが、生活習慣病一般に、バランスのよい食生活、適度な運動、禁煙、アルコールは控えめなどライフスタイルの改善が必要です。

お問い合わせは053-426-0003までお気軽にどうぞ 診療のご案内 診療のご案内