内科・血液内科 浜松市南区鼡野町にある 井原内科クリニック のホームページです
文字サイズを変更します テキストサイズ小 テキストサイズ中 テキストサイズ大

糖尿病について

糖尿病は体のエネルギー源であるブドウ糖を活用させるインスリンというホルモンの分泌が悪かったり、その働きが低下するために血糖が上昇し様々な障害を来す病気です。糖尿病には膵臓のインスリンを分泌する細胞が破壊されるために発症する1型糖尿病と、肥満や運動不足などが原因でインスリンの働きや分泌能が低下することにより発症する2型糖尿病があります。1型糖尿病は急激に発症することが多く、治療にはインスリンが絶対に必要な病気です。頻度的には少なく、いわゆる生活習慣病ではありません。2型糖尿病は代表的な生活習慣病で、日常生活を是正することである程度予防・改善ができると考えられています。ただ糖尿病を発症しやすい素因はある程度遺伝すると考えられており、生活習慣の改善だけでは予防できないこともあります。逆に言えば糖尿病の家族歴のある方はより生活習慣に注意して予防していくことが重要ということのなります。
糖尿病はひどくならなければ症状はまずありませんが、長く放置しているとさまざまな血管障害を起こす危険があります。以前から細い血管の障害として網膜症、腎症、神経障害が糖尿病の三大合併症と言われていました。最近ではより太い血管の障害(動脈硬化)を促進して心筋梗塞や狭心症、脳卒中も起こしやすくなると言われています。また、足の動脈硬化が進行すると血流が傷害され組織が腐ってしまう(壊疽)ため切断が必要になることもあります。このようにさまざまな合併症を起こす危険がありますので、糖尿病はその予防と早めの対応が是非必要です。発病しても血糖を十分にコントロールしていけば、合併症もなく普通の人と同様の生活を送ることが可能な病気です。

お問い合わせは053-426-0003までお気軽にどうぞ 診療のご案内 診療のご案内